• 取り扱い実績No.1
  • トラベルデポ10周年

Travel Depot

トラベルデポはアメリカ(アラスカ含む)、カナダで多くのレンタル会社と提携している日本で唯一のモーターホーム(キャンピングカー)の旅専門旅行会社です。

フリー
コール
line
skype

アメリカ・カナダ・アラスカ・レンタルキャンピングカーの旅│トラベルデポ

取り扱い実績

No.1

トラベルデポはアメリカ(アラスカ含む)、カナダで多くのレンタル会社と提携している

日本で唯一のモーターホーム(キャンピングカー)の旅専門旅行会社です。

メディア掲載記事一覧

★各メディア様にご紹介いただいております。(有難うございます!)

 


メディア紹介記事【41】

★ 2017年11月30日(木)

トラベルデポがこれまでアメリカ モーターホーム(キャンピングカー)の旅でタイアップした『アメリカ国立公園』『アメリカ大陸横断』の著者でもある牧野森太郎さんが編集長として関わった雑誌『outdoor ESCAPE(アウトドア・エスケイプ)』の創刊号に、10月にグランドサークル モーターホーム(キャンピングカー)の旅を満喫されたInter FM 897のDJでもおなじみ、ジョージ・カックルさんファミリーの体験記が掲載されました。長らく音楽業界に関わっているアメリカ人のジョージさんならではの視点から、モーターホーム(キャンピングカー)の旅とアメリカ音楽について書かれている体験記、読み応え十分で最高です。

   

そのジョージさんが毎週日曜日のお昼の11時~15時の4時間に渡り、関東地区ではInter FM 897(89.7MHz)、中部地区ではRadio NEO(79.5MHz)で放送している人気看板番組『Lazy Sunday(レイジー・サンデー)』の12/10(日)の放送に、牧野さんと出演しました!

   

▼その時の様子を紹介したブログ
http://motor-home.shumilog.com/?p=2910


メディア紹介記事【40】

アメリカの国立公園を知るにはバイブル的な存在の『地球の歩き方 アメリカの国立公園』、2年に1回改訂するこのガイドブックの2017~2018年版が、2017年3月18日(土)に発売になり、今回初めて1ペ-ジ全面を使って、アメリカ キャンピングカーの旅の広告を掲載させていただきました。

★ 2017年3月18日(土)

編集部のかたには、トラベルデポ設立時から”アクティビティ(キャンピング)”のページに、トラベルデポの紹介、電話番号、ホームページのURLとあわせて、『キャンピングカーを日本語で手配してくれる。』といった文言で毎回掲載していただいており、年間、数件のお客様からこの部分を見てお問い合わせをいただいていることもあり、今回、その恩返しとトラベルデポ設立10周年記念も兼ねて奮発しました。

P.202には1ページ全面、P.487には簡単な紹介文を継続して掲載しております。

▼『地球の歩き方 アメリカの国立公園 2017~2018年版』

http://www.arukikata.co.jp/guidebook/book/B13.html

地球の歩き方 アメリカの国立公園 2017~2018年版

地球の歩き方 アメリカの国立公園 2017~2018年版


メディア紹介記事【39】

キャンピングカーを利用されるかた向けに、役に立つ情報を発信する『キャンピングカースタイル』というサイトが先日オープンし、トラベルデポの取組みについて『アメリカをキャンピングカーで走りたい!』というタイトルで掲載していただきました!

★ 2016年11月16日(水)

トラベルデポを設立した10年前、ほぼ同じ時期に立ち上がった日本でのレンタルキャンピングカー会社をまとめたポータルサイト『レンタルキャンピングカーネット』。ここ数年はレンタルキャンピングカーの追い風に乗って、多くのかたがこのサイトを通じてレンタルされていらっしゃいます。

rental_campingcar_net

ちなみに運営会社の社長さんとはトラベルデポ設立の時から、日本でもキャンピンガー(モーターホーム)ライフをもっと多くの人に楽しんでいただきたい!といった同じ想いを持った有志として懇意にしていただいていることもあり、”海外”の項目にトップで掲載していただいております。実際にインタビューを受けて記事を作成していただきました。想いが伝われば嬉しいです。

『レンタルキャンピングカーネット』Googleで“キャンピングカーレンタル”というキーワード検索でトップに表示されるこのサイト、レンタルキャンピングカーをご検討中のかたには最高のサイトです!

http://www.rental-camper.jp/

travel_depot1
travel_depot2

メディア紹介記事【38】

★嵐の大野くん、櫻井くんがトラベルデポ所有のアメリカ製モーターホーム車内で行なった対談記事が、人気雑誌『nonno(ノンノ)6月号』の巻頭特集で紹介されました!

★ 2015年4月20日(金)

『アメリカ・カナダ モーターホーム(キャンピングカー)の旅』を楽しまれるお客様への体験試乗や各種イベント、撮影等でも活躍しているアメリカ製モーターホ-ム。先日、嵐の大野くんと櫻井くんがこのモーターホームの車内で行なった対談記事が、4/20(月)発売の集英社の人気雑誌『nonno(ノンノ)6月号』の巻頭特集で紹介されました。表紙の桐谷美玲さんの表紙をめくるとすぐに目に飛び込んできます。

記事の内容は、嵐の5人のメンバーのうち2人が持ち回りで対談するシリーズの89回め、テーマは『キャンプノアラシ(キャンピングカーでプチ旅行♪)』大野くんと櫻井くんがキャンプをテーマに語っています。

“アメリカ製の少し古びた感じのあるモーターホーム(キャンピングカー)を撮影に使いたいのですが、”ということでお声のかかった今回の撮影、古いというのも捨てたもんではないですね。よろしかったら、覗いてみてください!

ノンノ-2015年-06-月号

★撮影時の様子はトラベルデポ作成ブログで紹介! ⇒ コチラ!

nonno(ノンノ)6月号
nonno(ノンノ)6月号
nonno(ノンノ)6月号

メディア紹介記事【37】

★日本初のモーターホーム専門雑誌の巻頭特集に紹介されました!

★ 2015年2月6日(金)

日本初のモーターホーム専門雑誌の巻頭特集に紹介されました!

アメリカ、ヨーロッパ製の“モーターホーム”の紹介に特化した雑誌『MOTOR HOMES(モーターホームズ)』。1986年創刊のスーパーカー雑誌『GENROQ(ゲンロク)』プロデュースという形態で、これまでの常識を覆す“高級キャンパー専門誌”としてハイエンド層に的を絞ったこの雑誌に、編集のかたが実際に取材に行かれた『アメリカ モーターホームの旅』のアレンジをさせていただき、今回、表紙のタイトルにも書かれている『北米キャンパーの世界』の巻頭特集として『絶景大陸を行く。』というタイトルで、トラベルデポの紹介とあわせて計11ページに渡り掲載させていただきました。

★詳細はトラベルデポ作成ブログでも紹介! ⇒ コチラ!

motor_homes1
motor_homes2
motor_homes3

メディア紹介記事【36】

★トラベルデポをご利用いただき『アメリカ横断 モータ-ホーム(キャンピングカー)の旅』を満喫された3組の『お客様体験記』も掲載していただきました!

★ 2014年10月30日(木)

クルマで楽しく遊ぶ!アメリカンカルチャーマガジン『デイトナ』を発行しているネコ・パブリッシング社より、タイトルもずばり『アメリカ大陸横断』というガイドブックが発売されました。

実は2014年6月中旬、トラベルデポ代表の小林が編集スタッフのかたと『ルート66、グランドサークル モーターホーム(キャンピングカー)の旅』に同行し、記事作成のお手伝いもさせていただきました。

一緒に同行した編集チーフの牧野森太郎(まきのしんたろう)さんは、このページの【29】でも紹介している『アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅』の著者でもあり、以前、アメリカでキャンピングカー(VWヴァナゴン)を購入しアメリカ大陸を何度も走破したかたです。編集チーフの牧野さんのリアルな発信、読み応え、見応えもあり、アメリカを知るには大変お薦めの1冊になっています。

また、トラベルデポをご利用いただき『アメリカ横断 モータ-ホーム(キャンピングカー)の旅』を満喫された3組の『お客様体験記』も掲載していただきました!(有難うございます!)

▼取材同行の旅の様子はこのブログで紹介しています。

http://motor-home.shumilog.com/?p=1656

▼ガイドブック『アメリカ大陸横断』についてはこのブログでも詳しく紹介しています。

http://motor-home.shumilog.com/?p=1825

アメリカ大陸横断
アメリカ大陸横断
アメリカ大陸横断

メディア紹介記事【35】

★体験試乗で活躍中のアメリカ製モーターホームが人気TVドラマのシーンにご利用いただきました!

★ 2014年10月20日(月)

2014年10月20日(月)夜9時からTBS系列で放映された月曜ゴールデンの渡瀬恒彦主演の人気シリーズ人気シリーズ『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ53 伊豆・踊り子号殺人ルート~消えた一億円の謎~』でこの撮影シーンが放映されました。車内でのシーン含めトータルで5分程度は出演?しており、ドラマの展開でも重要な役割を担っていて、モーターホーム(キャンピングカー)としての効果を十分発揮できていました。撮影に携わっていただいた皆さま、有難うございました!

▼番組ホームページ

http://www.tbs.co.jp/getsugol/20141020/

西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ53 伊豆・踊り子号殺人ルート~消えた一億円の謎~
西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ53 伊豆・踊り子号殺人ルート~消えた一億円の謎~
西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ53 伊豆・踊り子号殺人ルート~消えた一億円の謎~

★撮影シーン、実際に放映されたシーンはブログにもアップしました! ⇒ コチラ!


メディア紹介記事【34】

★アメ車専門雑誌に掲載!

★ 2014年6月16日(月)

アメ車専門雑誌として長年多くのアメ車ファンから支持されている『アメ車マガジン』2014年8月号(P.50、51)の見開き2ページに渡り、日本でもアメリカを感じられるUSスポットの大特集!としてトラベルデポが日本で所有しているアメリカ製モーターホーム(キャンピングカー)が紹介されました。

アメ車マガジン

http://www.bunkasha.co.jp/book/b178233.html

▼『アメ車マガジン』

アメ車マガジン
アメ車マガジン

★取材時の様子は5/27発信のfacebookページで紹介 ⇒ コチラ!


メディア紹介記事【33】

★ 2013年11月23日(土)

★月2回のペースで計10回(約5ヶ月)に渡る長期連載!

hime_san2

アメリカ生活に必要な情報を全て独自取材で届けるニューヨーク日本語無料新聞「週刊NY生活」。11/23号の15面に、 今年4月、現地スタッフの姫野がアクティブシニア5名様グループに同行して運転&旅のアレンジをお手伝いした、21日間に渡る『アメリカ横断キャンピングカー(モーターホーム)の旅』紀行記の第1回が掲載されました。月2回のベースで2014年5月まで計10回(約5ヶ月間)に渡り長期連載されました。

★「週間NY生活」デジタル版は ⇒ コチラ!(15面に掲載)

http://www.nyseikatsu.com/api/468/pdf/page15.pdf

▼こちらのブログでは第2回め以降の掲載記事面をリアルタイムにアップしています!

http://motor-home.shumilog.com/?p=1465

▼この旅の様子は『大陸(りく)のクルーズ』のページでも紹介しています!

http://motor-home.net/plan/purpose/cruise.html

日本でも紀伊國屋書店東京大手町ビル店で無料配布しており、他にも閲覧できる場所も多くございます。 人生一度はチャレンジしてみたい!といったお客様の多い『アメリカ横断 キャンピングカー(モーターホーム)の旅』。普通の旅とは違った体験、感動の連続の紀行記、是非、覗いてみてください!


メディア紹介記事【32】

★初めてのラジオ出演です!

★ 2013年10月19日(土)【放送】

J-WAVEの毎週土曜日午前中の人気番組『RADIO DONUTS(ラジオドーナツ)』に『アメリカ国立公園をキャンピングカー(モーターホーム)で旅する』というタイトルでアメリカ国立公園の話しと一緒に『アメリカキャンピングカー(モーターホーム)の旅』について語ってきました!10月19日(土)午前10時10分~午前10時40分の『LIFE IS A GIFT』という30分間のコーナー番組です。

RADIO DONUTS(ラジオドーナツ)

▼番組ホームページにトラベルデポのリンクを貼っていただきました

http://www.j-wave.co.jp/original/lifeisagift/131019.html

▼J-WAVEのオフィスやスタジオを紹介した写真満載のブログも作成しました。⇒ コチラ!


メディア紹介記事【31】

★起業への想いを熱く語りました!

★ 2013年9月27日(金)

独立起業を目指す人へリクルートが発行している雑誌『アントレ』2013年11月号(P.48)に代表の小林が紹介されました。(表紙写真の右上にも掲載されてます) テーマは『自分資源を生かす第二の仕事人生』。JTB時代に培った経験、知識から独立へのきっかけ、想いについて語っています。これまでの経験が起業を目指す人に少しでも役に立てたら、といった強い想いで語っています。 是非、覗いてみてください。

アントレ
web_kobayashi

★取材時の様子はブログにまとめました ⇒ コチラ!


メディア紹介記事【30】

★ アメリカ在住のかた向けに紹介!

★ 2013年7月20日(土)

アメリカ生活に必要な情報を全て独自取材で届けるニューヨーク日本語無料新聞「週刊NY生活」。7/20号の14面に、6月のニューヨーク出張の時にRVパークで取材を受けた時の記事が『モーターホーム大自然の旅へ』というタイトルでご紹介いただきました!

page14.pdf

★「週間NY生活」デジタル版は ⇒ コチラ!

(14ページに掲載されております)

http://www.nyseikatsu.com/api/451/pdf/page14.pdf

▼日本でも紀伊國屋書店東京大手町ビル店で無料配布しており、他にも閲覧できる場所も多くございます。

http://www.nyseikatsu.com/?cat=14


メディア紹介記事【29】

★ 待望の『アメリカ国立公園 キャンピングカー(モーターホ-ム)の旅』の本が出版!

★ 2013年6月15日(土)発売!『アメリカ国立公園 絶景・大自然の旅』

著者の牧野森太郎さんは、これまでに自動車雑誌や釣り雑誌の編集長も歴任されていたかたで、20才代の時に経験したインド旅行を機に旅の素晴らしさに魅せられて、『いつかは自分の夢を果たしたい!』との強い想いから、2001年にフォルクスワーゲン・ヴァナゴンのキャンピングカーをアメリカで購入し、その時のアメリカ国立公園を巡った経験をまとめた1冊になっています。牧野さんがこれまでの旅で行けなかった『フロリダ・キーウエスト キャンピングカー(モーターホーム)の旅』のサポートをさせていただき、その時の『体験記』をご紹介いただきました。

natinal_park_guide

▼本の詳細、感想はブログにまとめてみました ⇒ コチラ!


メディア紹介記事【28】

★アメリカの3大野外フェスの記事内に紹介!

★ 2013年6月10日(月)発売!『BE-PAL 7月号』

創刊32周年記念として発行された『まるごと一冊アメリカ』という特集号の中のアメリカの3大野外フェスの記事内(P.72)に『モーターホームを借りて、アメリカ3大野外フェスへ!』というタイトルで紹介!この記事以外にもかなりディープなアメリカの最新アウトドア情報が紹介されており、アウトドア好きにはたまらない一冊になっています!

まるごと一冊アメリカ

★アメリカの野外フェスについて紹介したこのブログを見て紹介していただきました ⇒ コチラ!


メディア紹介記事【27】

★10ヶ月に渡るモーターホームの旅を紹介!

★ 2013年5月20日(月)発売!『FAMILY GYPSY』

キャンピングカー(モーターホーム)の旅の友、高橋歩の最新刊『FAMILY GYPSY(ファミリー・ジプシー)』。ハワイ、北米、中南米、南極、オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、日本。。。。気の向くままに、家族で世界を放浪した、約4年間のファミリージプシーデイズの日々を綴った本の中に、10ヶ月に渡り満喫した『アメリカ・カナダ キャンピングカーモーターホームの旅』の様子を紹介!

FAMILY GYPSY(ファミリー・ジプシー)

★紹介動画は ⇒ コチラ!(イメージが沸いてきます)


メディア紹介記事【26】

★噂のバーニングマンにモーターホームで満喫!

★ 2013年4月10日(水)発売!『地球で踊ろう!』

EXILEのパフォーマーUSA(ウサ)さんが「踊りで変える。踊りでつながる」をテーマに地球上の様々な場所で様々な人々と交流した5つのパワフルなダンス・トリップを紹介した著書『地球で踊ろう!~DANCE EARTH Change the World~』紹介した5つのトリップの中に、昨年8月下旬~1週間、ネバダ州の砂漠で開催された“バーニングマン”にボヘミアンな仲間達とモーターホームで満喫した時の様子が約40ページに渡り写真も満載で紹介されてます。トラベルデポがサポートしたこのトリップ、モーターホームの旅の感想やバーニングマンでのリアルな体験が詳しく紹介されており、モーターホームの旅&バーニングマンに興味のある方へもバイブル的な1冊です!

地球で踊ろう! DANCE EARTH 〜CHANGE THE WORLD〜 1

★バーニングの旅 紹介動画は ⇒ コチラ!(1分35秒過ぎに流れます)


メディア紹介記事【25】

★何か行動を起こさせられます!

★ 2012年7月26日(木)発売!『DERAM ACTION』

キャンピングカーの旅の友、夢と冒険に生きる高橋歩が、未経験&カネなし&コネなしから始められる、脳ミソをスパークさせる69のアクションを厳選したガイド。何と、1番最初に”アメリカ横断 キャンピングカー”をしようぜ!と熱く紹介してくれてます。「夢が見つからない」「やりたいことが見つからない」と悩む若者たちに、 「夢っていうのは、必死に考えて、無理矢理見つけるものじゃない。楽しん でいるうちに、自然に見つかっちゃうものだ」というメッセージを込めて、様々なアクションが、高橋歩自身の経験を交えながら紹介されています。